Home > ゲーム制作記 Archive

ゲーム制作記 Archive

インベーダーゲーム

暇な時間でインベーダーゲーム作ってみました.
インベーダーゲーム

.

.

.

.

使ったのはProcessingのみ.

ネットに繋げない環境だったので,リファレンス見ないで記憶だけがたよりでちょっときつかったですが,難しいメソッドとかは全然使ってないのでそれなりに作れました.

残像が残る見た目はsaharanさんのやり方を真似てみました.

簡単なプログラムをちょっと描いてみるだけならProcessingはホント便利だね.

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ちょっとだけ修正しました

SimuZero2をちょっとだけ修正しました
SimulationZero2

結局、安定してウェブスターとでhttpを使う方法がよくわからなかったので、いつも通りウェブから起動できるものと、ダウンロードしてから起動するものに分けてみました。

それからちょっとだけバグ取りとか、ヒューマンエラーを回避するために確認を入れる修正。

まだ新しいものを作る計画はたっていないです。

,

,

,

,

<おまけ>

↑こういうことやってます。

ゆとりちゃんです。

全部アニメ中の模写です。

そういえば、ザコ敵でもモシャスされると強敵になるから困る。

めも

html5+canvas+javascript

.

websocketはサーバプログラムが起動できないといけないらしい

.

java applet

.

facebookは強いらしい

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

新たな問題と今後の某

SimuZero2の待ち合わせ用webページを作ったのはいいのですが、こんどはSimuZero2のアプリケーションで問題が発生しちゃいました。

SimuZero2を起動した際にtwitterにつぶやくようにしているのですが、実際は、待ち合わせ用webページのとあるページにhttpを飛ばして、そこからつぶやくようになっているのです。

しかし、web上からjavaアプリを起動するJWS(javaWebStart)では、こういった外部ページへのアクセスが規制されてしまってるのです。

=========(エラー内容)===========

java.security.AccessControlException: access denied (java.net.SocketPermissionsimuzero2.heroku.com:80 connect,resolve)

===========================

デバッグを行っているときはPC上で起動していただけだったので、こんなエラーは全く想定外でした。

ということで、今度はここの部分をなんとかしないといけないようです。

それから、一時的な対処として、問題のツイート機能の無いバージョンを置いてます。Simulation Zero 2 (ver2.31 仮)

↑ここから

.

.

.

めも

それから、SimuZero2のアプリケーション自身ももうちょっと変えようかと

具体的には

・メインフェイズ終了のための優先権放棄に確認を加える

まちがって優先権放棄して、やりたいことができなかったってことがあったので、その防止に。ヒューマンエラー対策はインタフェースとかシステムに不可欠ですので

・生命の門

の挙動がちょっとおかしい気がする

・バトル中のユニットがやられた際の表示を変更する

・猫飼いたい

・スタックに乗っているカードのプレイとかにマウスカーソルを置いた際、カード情報の表示を行うようにする

.

.

.

このくらいです。

あと、SimuZero2とかまちあわせページとか作って、結局何がやりたかったかっていうと、

・ディメンション・ゼロの普及

は、建て前で(というか、初心者には使いづらいとも思ってる)

実際には、

・D-0をプレイするAIの作成

・web上で出来るオリジナルのカードゲーム作成

とかを考えていたわけです。

AI作成には教師データとして、人がプレイしたデータとか必要そうなのですが、今現在のSimuZero2はそういうことを考えずに、対戦できることを優先して作っちゃったので、もしかしたら1から作り直す可能性も;;

というか、D-0は対戦ツールを作ってみて、かなり複雑だってわかったので、AIを作るとしてももっと単純なゲーム性をもったオリジナルを作って、それに対応したAIを作る方がいいのかな〜って思ってます。

あ、そういえば、待ち合わせページをついった〜連動にしたのも、AIを作った際にbotとしてもなにかつぶやかせたいな〜とか思ってたからです。ただ、webページを動かす無料サーバーの使える容量がすごく少なかったので、ツイッターをデータベース代わりにしたのは正解だったかも。

,

,

とりあえず、今はこういうことを企んでいるわけです。

次回更新するときはどんなことになるのかな?

それでは、

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

SimuZero2まちあわせった〜 完成!

見えない敵との格闘の末、SimulationZero2の対戦相手探しサイト「SimuZero2まちあわせった〜」が完成しました!

.
SimuZero2まちあわせった〜

↑からサイトに飛ぶことができます。

,

,

これで、対戦相手が見つからずにあんまり使われることがなかったのであろうSimuZero2がちょっと便利になった(はずです!)。

それから、これを作っている際にもみつけてしまったSimuZero2のバグも修正しておきました。

本当にバグってしつこいですね。これで直したの何回目だろう。(全部自分のせいですが;;)

,

,

,

今回はRuby on railsを使ったwebアプリケーション作成とtwitter api とjavaからのhttp通信を扱いました。

これで、流行のtwitterを使いこなせる!

とか思ったのですが、作り終わってみて、いろいろと無駄なことをしちゃった部分や回りくどいことをした部分があるな〜って思いました;;

まだ慣れていないからしょうがないんだろうけど、こういうのはできるだけシステムの構想段階で奇麗になるようにしたいです。

.

.

.

最後に、

<参考にしたサイトまとめ>

・http://heroku.com/

railsアプリを動かせるサーバ(無料もあり)

・https://github.com/

herokuを使う時に必要

・http://kuranuki.sonicgarden.jp/2009/05/rubypaasherokurails.html

herokuの主な使い方

・http://jugyo.org/blog/3061

rubytterの使い方

・http://jugyo.org/blog/tag/rubytter

rubytter と oauth認証

・”http://d.hatena.ne.jp/shibason/

rubytter と oauth認証

・http://twitter4j.org/ja/index.html

twitter4j使い方

・http://www.hpc.cs.ehime-u.ac.jp/~aman/java/http/

javaでhttp通信

・http://ao-system.net/favicon/index.php

ファビコン作り

・http://www.mywebcron.com/

定期的にHPを訪問してくれるwebcron(無料)

・http://net-newbie.com/linux/commands/vi.html

viエディタの使い方

・http://www.dbonline.jp/mysql/

mysqlの使い方

続・SimuZero2用待ち合わせ掲示板

すでに掲示板ではなくtwitterベースになってますが、

今の段階で進んだことは、

・掲示板からtwitterに書き込み

・フォロワーからの返信を復唱(自分のつぶやきとして書き込み直す)

こんなところです。

/

/

今後行うこと

/

2番目の、@で自分宛のつぶやきをつぶやき直すのは、今の状態だと誰かが掲示板のページにアクセスした時にしか起動しないのです。

これだと、かなり前の時間のつぶやきをつぶやき直しちゃったりするので、webcronという、定期的にページを訪問してくれるというwebサービスを使ってみようかな〜って考えてます。

それから、SimuZero2のアプリケーションからのつぶやきも、今のままだと起動したら毎回つぶやくことになっちゃうので、間を置かずに連続でアプリケーションが起動された場合にはつぶやかないようにする必要がありそうです。

ここら辺は、javaから直接twitterをたたくのではなく、httpでrailsのどっかのページにアプリケーションが起動されたことを知らせ、ある程度の時間をおいて起動されている場合にはつぶやくという風にしてみようかと思ってます。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

SimuZero2用の待ち合わせ掲示板

ご無沙汰してます。

最近、まったくゲーム作りはしてませんが、↑こんなもの作ってます。

SimuZero2の待ち合わせ掲示板です。

これを使って対戦相手を見つけやすくなれば、対戦ツールが使われる機会もふえるかな〜と。

.

ちなみに、これは、Ruby on Railsで作成しており、同じくRailsをつかって開発されたというtwitterのデザインをマネしてます。

ですので、掲示板っていうよりつぶやき板みたいな感じです。

.

掲示板的な機能はほとんど出来ていますが(というか、railsのパワーで一瞬で出来ちゃいますが)、SimuZero2のアプリケーションを誰かが起動した際に、その情報もこの掲示板上に表示できたらいいな〜と思ってます。

「3分前 ○○さんがロビーに入りました」

みたいな感じに。

たぶん、アプリケーションを終了した情報をとるのは面倒そうなので、現在いるかどうかというのは無理そうですが。

.

.

<追記>

寝る前にちょっと考えたのですが、

javaとかrubyで使えるtwitter api関連の便利なヤツを使えば、もっと利便性が上げられそうだな〜って思いました。

具体的には、simuzero用のtwitterアカウントを一つ作って、apiを使ってそのアカウントに誰でもつぶやくことが出来るようなページを作成。

これによって、simuzeroのtwitterページで待ち合わせ情報の交換が可能。ログはtwitterに溜まってくれるので問題無し。

また、そのアカウントをtwitterアカウントを持っている人がフォローすれば、待ち合わせ情報を自身のtwitterでも確認できる。

それから、javaからのtwitter api利用もけっこう簡単に出来そうなので、誰かが対戦ツールを起動したら、その情報をsimuzeroのtwitter上につぶやくってことも出来るかも。

ただ、またちょっと忙しくなって来てすぐに手を付けることはできなさそうなので、完成はもうちょっと遅くなるかも。

SimuZero2 バグ取り更新

この前,某ムーさんとSimuZero2で対戦した際に、ムーさんを酷い目にあわせたのですが(バグ的な意味で)、その直後に、直接のバグは修正してました。

.

ただ、「こういうプログラムの編集し忘れ、まだありそうだな〜」って思い、今日ちょっと暇な時間があったのでプログラムを見直してみたら、

.

.

出るわ出るわw

.

.

初心者デッキのすべてのストラテジーを使った際にバグが起こるという危険な状態でしたw

というわけで、今まで世にも恐ろしいツールを公開していたわけですが、今回の更新でやっとまともなものになったというわけです。

ムー,バグに気づかせてくれて本当にありがとう・・・やすらかに成仏してください。

.

.

ということで、バグ取りされたSimuZero2は以下から↓
Simulation Zero 2 (ver2.2)

SimuZero2更新案

けっこう前から公開してるSimuZero2ですが、果たして誰か遊んでるのか・・・

あと、こいつを公開しているということを知らせるメールをD-0公式のユーザーサポート宛に出してあるのですが、ちゃんと届いてるのかな?

特に返信がなければ、容認されてることになるらしいけど、フリーメールを使ったせいで、迷惑メールフォルダに放り込まれてる可能性もあるかも?

まぁ、ブロッコリーの中の人はニコニコのD0動画を見てるようなので、いつかは周知になるでしょう。

/

/

/

心優しいD-0プレイヤーの方が、予想外に多かったエラーも苦にせず、実戦の相手をしてくださり意見や改良案をいろいろと頂きました。

/

実際に対人で使ってみて

<良かった点>

・通信エラーっぽいものはあったけど、ルール上のバグは今のところなし

・意外とバトルの優先権の放棄のし合いも苦じゃないかも

<悪かった点>

・まず、通信エラーねwこれは原因がよくわからない;;

・優先権を間違えて放棄してしまう可能性が

・墓地確認できない

・チャットがちょっとやりにくい

/

/

これも含めてSimuZero2の更新案をメモとしてまとめておきます。

/

/

<SimuZero2更新案>

・スマッシュフェイズの優先権放棄を省略

・相手のユニットのパワーを正位置で表示

・墓地カードの表示機能

・(スマッシュフェイズに入る優先権放棄の特殊化がいるかどうかは要検討)

/

・チャット画面をもう少し大きくする

・(バトル中のカードがわかりやすいようにちょっと変えるかも)

・初心者用デッキの追加(内容は今のところ下記になる予定)

/============================

ユニット27
3*兎娘キューティ・バニー
3*カオスビースト・ヒポグリフ
3*スカルライカン
3*コテング・ドリアード
3*蜘蛛の巣を纏うフェアリー ☆
3*巨熊シザーズ ☆
3*象砲手バルカン
3*カオスビースト・ゲンブ
3*大巨人ムーンイーター

ベース3
3*密林の孤城 ☆

ストラテジー10
2*生命の門 ☆☆
3*エメラルド・ソウル ☆
3*超戦士の咆哮 ☆
2*ケイオス・ハンド ☆

/======================

☆がついたものが、新たに実装する必要のあるもの。

バニラ多めと思いながらも、マンティコアとかヌエとか、バルカンの引き立て役っぽいやつらを加えることを本能が拒否してしまいました。

それでも加えろ!って言われたらヌエにします。

あと、コテングドリアードと蜘蛛の巣はイラストを考慮した結果で、こいつらを抜くとデッキがかいじゅうばっかりになっちゃいます;;

生命の門の実装にちょっと難があるかも。

/

/

/

以上がSimuZero2の更新案です。

実装完了がいつになるのかは未定。暇な時にちょっとずつ作っていきます。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

またもやJarファイル作成で、よくわからないけどうまくいった話

とりあえず、できたプログラムをjarファイルにしようとしていたんですが、そこでちょっと問題が発生しました。

どのようなものかというと、

.

.

jarファイルは作成できるのに、jarを実行すると

Could not find main class メインクラス名. Program exit~

のようなエラーメッセージが出てきて起動できなくなるっていう問題です。

まえまえからマニフェストファイルの書式はシビアなものだったので、そこが原因なのかと思い、すごく注意しながら何度も書き直したのですが、それでもダメでした。

同じ方法で今までに作った他のjarはどうともなかったのに、今回だけです;;

.

.

で、いろいろと試した結果、よくわかりませんがうまく起動できるjarファイルの作り方がわかりました。

今までは、eclipse上でエクスポートから「jarファイル」を選んでいたのですが、

「jarファイル」ではなく、「実行可能jarファイル」を選んでやったらしっかり起動できました。

.

.

「jarファイル」のほうはマニフェストファイルを指定しているのですが、「実行可能jarファイル」はとくにマニフェストファイルは指定しないでjarファイルを作るという違いがあるみたいです。

「実行可能jarファイル」の方のjarの中身を見てみたら、パスで追加している別のjarが展開されて中に入ってました。

そこら辺はあまり関係ないと思いますが、やっぱり原因はマニフェストファイルなんですかね?

まぁ、原因はよくわからないけどちゃんと起動できるようになってよかったです。

Home > ゲーム制作記 Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top