ブログマニュアル~Javaゲームのアップロード

ここではJavaで作成したゲームプログラムを自習室ブログにアップロードする方法を解説します。 なお、対戦型ゲームの場合は、アップロードする前にプログラムを修正する必要があります。 詳しくは当サイトで配布している「Java対戦ゲーム公開キット」内の解説を参照してください。

アップロードするファイルの確認

ここでは書籍の第三章で作成している「まっくんの風船旅行」をアップロードする方法を解説します。 アップロードするファイルは、「chap3game.jar」「jl1_0_1.jar」「chap3game.jnlp」の3つです。
なお、ブログシステムの都合上、ファイル名の途中に「.(ピリオド)」を入れることができません。 「jl1.0.1.jar」は「jl1_0_1.jar」に修正し、 それに合わせてchap3プロジェクトのマニフェストファイルのClass-Pathも合わせて修正して、159~161ページの手順に従って JARファイルを作成し直しておいてください。

ファイルのアップロード

・ページの作成

ここでは新たな「ページ」を作成し、そこにゲームをアップロードします。
ダッシュボード画面を表示し、「作成」タブ「ページ」の順にクリックし、 タイトルとページ本文を入力します。 そして本文入力欄のすぐ上にある「メディアを追加」ボタン (「ビジュアル」タブの隣にある歯車のアイコン)をクリックします。


・ブラウザアップローダへの切り替え

WordpressにはFlashを使ったアップローダと、 JavaScriptなどのブラウザ機能を使ったアップローダの2種類が用意されています。 当ブログでは「ブラウザのアップローダー」のリンクをクリックしてください。

ブラウザのアップローダに切り替えたら、ファイルを選ぶために「参照」ボタンをクリックします。


・ファイルの選択

ファイルは1つずつ順番にアップロードします。まず「chap3game.jar」を選択して「開く」ボタンをクリックします。


・アップロード実行

テキストボックスにファイルパスが設定されます。 「アップロード」ボタンをクリックすると、ファイルがサーバにアップロードされます。


・ファイルがアップロードされた

ファイルがアップロードされると、ファイル名やその場所を表すリンクURLが表示されます。
リンクURLはWordpressが動的に生成し、アップロードした「年月」によって場所が変わります。 また、同名のファイルをアップロードした場合は上書きされず、ファイル名が変更されます
別ファイルを参照するプログラムを書くときはこの挙動によく注意してください。


・コードベースのコピー

jarファイルと一緒にアップロードするjnlpファイルには、プログラムの保存場所を表す 「コードベース」を指定しなければいけません。
「リンクURL」のファイル名直前までを選択し、右クリックして「コピー」を選択します。


・コードベースの貼り付け

テキストエディタで「chap3game.jnlp」を開き、「codebase=」の後に貼り付けます。
また、「resources」の「jl1_0_1.jar」への参照も修正されているか確認してください。


・ライブラリのアップロード

残りのファイルをアップロードします。 「参照」ボタンをクリックして「jl1_0_1.jar」をアップロードしてください。


・jnlpファイルのアップロード

「参照」ボタンをクリックして「chap3game.jnlp」をアップロードし、 最後に「投稿に挿入」ボタンをクリックします。

アップロードしたゲームの確認

・リンクの確認

記事の作成画面に戻ると「chap3game.jnlp」へのリンクが挿入されているはずです。 jarファイルは同じフォルダにアップロードされていればリンクは不要です。

「HTML」タブをクリックして、URLが間違っていないか確認しましょう。

ここでは「chap3game」という文字にリンクしていますが、文字の代わりに画像を使うこともできます。
問題がなければ「公開」ボタンをクリックします。


・ページを表示してゲームを実行

「サイトを表示」ボタンをクリックして、投稿したページを確認しましょう。 jnlpファイルへのリンクをクリックして、無事ゲームが起動すれば成功です。
起動に失敗した場合は、jnlpファイルの記述やアップロード時にファイル名が変化していないかなどを確認してください。

こんなときは

・アップロードしたファイルを削除したい場合は

アップロードした古いファイルを削除したい場合は、 「管理」タブ「メディアライブラリー」をクリックします。 これまでにアップロードしたファイルの一覧が表示され、その削除などを行うことができます。


・Javaキャッシュを削除するには

Java Web Startでダウンロードされたプログラムは、Javaが管理するローカルのキャッシュに保管されます。 そのため、サーバ上のファイルを変更したのにキャッシュ内のプログラムが起動してしまうことがあります。
Javaキャッシュを削除するには、Windowsのコントロールパネルから「Java」を探し、 ダブルクリックして「Javaコントロールパネル」を表示します。 「基本」タブをクリックしてインターネット一時ファイルの「表示」ボタンをクリックすると、 Javaキャッシュビューアが起動するので、 プログラムを選んで「選択項目の削除」ボタン(赤い×のボタン)をクリックしてください。


マニュアル目次ページへ戻る